アンブレラ株式会社 トップ > 負荷分散システム導入
導入事例

導入事例

負荷分散システム導入

BIG−IP導入事例

課題

  • ネットワークが混線し通信のボトルネックが発生しパフォーマンスの低下に
  • 回線が混線し通信のボトルネックが発生し通信速度の低下などが発生。

  • ネットワークに障害が起こるとサーバーの機能が使用不可に
  • 回線が閉ざされてしまうとサーバーと通信ができなくなる。

サービス概要図

  • 複数のシステムをまとめて負荷分散
  • big-ip

  • システムを二重化し、障害に強い環境
  • big-ip

  • 暗号化通信も!1台2役でネットワークをシンプルに!

主な機能

  • 複数のシステムをまとめて負荷分散
  • BIG-IPを用いて複数のシステムのネットワークを統合することにより、ネットワークをシンプルかつ、パフォーマンスの向上を図ることができます。

導入効果

BIG-IPを導入することにより導入前の通信のボトルネックを解消します。
配置する機器を減らしたことで、省電力、省スペース化、パフォーマンスの向上が実現できます。

一部のネットワークやサーバーに障害が起こっても、BIG-IPが障害を検知し、障害の発生していないネットワーク、サーバーに自動的に切り替えを行います。
BIG−IPを利用してシステムを二重化することにより、システムの耐障害性を向上することができます。