アンブレラ株式会社 トップ > 侵入検知(IDS)
導入事例

導入事例

侵入検知(IDS)

課題

  • IDSを社内ネットワークに設置してセキュリティを強化したい
  • 不正侵入を検知して不正な侵入があったら管理者に通知して不正侵入を未然に知らせてほしい。

サービス概要図

侵入検知(IDS)

主な機能

IDSとはIntrusion Detection Systemの略で、侵入を検知するシステムとして侵入検知システムと呼ばれています。
システムやネットワーク上で不正なアクセスがあった場合に管理者へ通知する仕組みになります。

大まかにNIDS(ネットワーク型IDS)とHIDS(Host-Based IDS)に分類されます。
ネットワーク型IDSは監視対象となるネットワーク上に設置し検知するIDSになります。
Host-Based型IDSはホストに常駐して不正侵入を検知するIDSになります。

導入効果

不正侵入を管理者に知らせてくれるのでネットワーク上のトラフィックでの異常を常に監視できます。
比較的導入が簡単なのでリアルタイムでクラッカーの攻撃を検出できるメリットがあります。