導入事例

導入事例

仮想プライベート・ネットワーク

VPN導入

課題

  • 通信コストを抑えたい
  • 既存のネットワークでは通信コストがかかるのでコストを抑えたい。

  • 自社サービスをネットワークを利用して実現したい
  • 自社サービスをネットワークで安全に実現したい。

サービス概要図

internet vpn
ip-vpn
VPN:Virtual Private Network  ADSL:Asymmetric Digital Subscliber Line
LAN:Local Area Network  MPLS:Multiprotocol Label Switching



主な機能

VPNはインターネットに跨ってプライベートネットワークを拡張する技術、及びそのネットワークになります。
種類はインターネットVPN、IP-VPNに大まかに分類されます。

VPNはその機能を持つ接続ルータを使って距離の離れた拠点同士のLANをつなぎプライベートなネットワークを実現します。

インターネットVPNはインターネットで構築された通信網を使用しますのでインターネットも利用できます。
インターネット回線とは別にISPから提供される閉鎖網を構築し閉鎖性を保ったまま構築する通信網をIP-VPNといいます。

導入効果

IP-VPNは閉鎖網を使用しますのでセキュリティーの面でも安全でデータの暗号化なども導入でき高速な通信が可能になります。

VPNを導入することでコスト面においてもISPの利用料金やアクセス回線費用だけで済むので通信コストの削減に繋がります。